トレンド

大原櫻子の父はモンスターペアレントだった?個人事務所を設立した訳について調査!

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』で女優デビューと歌手デビューを果たし注目を集めた大原櫻子さん。

第56回レコード大賞では新人賞を、第23回日本映画批評家大賞では新人賞の小森和子賞を受賞しました。

今回は大原櫻子さんの家族構成や事務所移籍について調査しました。

・大原櫻子の家族構成は?

・父は有名ナレーター?

・大原櫻子は3回事務所を移籍している?

・事務所移籍の原因はモンスターペアレントの父?

大原櫻子のサクッとプロフィール

芸名:大原櫻子

本名:林田さくらこ

生年月日:1996年1月10日

出身地:東京都

身長:158㎝

血液型:A型

特技:ダンス、ピアノ、バレエ、水泳、ものまね、歌

大原櫻子の家族構成について

https://twitter.com/vos_jn/status/1506068362400772096?s=20&t=CTtSD4B0vc5Axm149cll8A

大原櫻子さんの家族構成は「父、母、3歳年上の姉」の4人家族です。

大原櫻子さんはずっと実家暮らしで家族は皆とても仲が良いと語っています。

今でも家族で一緒に食事をすることもあり休日には山や海へ行くそうです。

また年に一回は必ず家族旅行をするといいます。

父は有名なナレーター?

大原櫻子さんの父は有名なナレーターです。

ザ!世界仰天ニュース」「ぐるナイ」「行列のできる法律相談所」「24時間テレビ」など多くの人気番組で活躍しています。

また明治大学や桐朋学園大学では演劇関連の非常勤講師を務めています。

https://twitter.com/gyoten_ntv/status/1015068005691084800?s=20&t=wqFIS1-uLUl4MwpvnNpWhg

芸名:林田尚親(なおちか)

生年月日:1962年8月31日

出身地:東京都

職業:俳優、声優、ナレーター

母はいつも支えてくれている?

大原櫻子さんは「母が常に体調を気遣ってくれている」と語っています。

常に栄養バランスのよい手料理を作ってくれるそうです。

大原櫻子さんが通っていた学校には給食がありませんでした。

そのため小・中・高の12年間母がお弁当を持たせてくれたそうです。

お弁当に魚が入っている時はお弁当箱に「魚の骨に注意!」とのメッセージがあったといいます。

今でも大原櫻子さんが仕事に行くときは必ず玄関まで見送りをするそうです。

大原櫻子の事務所について

大原櫻子さんはデビューしてから3回事務所を移籍をしています。

10年未満の芸歴で3回の移籍はかなり多い方です。

頻繁に移籍を繰り返している人に対し業界関係者は良い印象を持たないといわれています。

デビュー当時の事務所は?

大原櫻子さんはデビュー当時「藤賀事務所」に所属しました。

中学2年生の時ダンサーとして「藤賀事務所」に紹介されましたが女優志望であることを伝えテストの結果、女優としてスカウトされました。

それから大原櫻子さんは数回事務所を移籍しています。

2012年 藤賀事務所(バーニングプロダクション系列)

2014年 フジパシフィックミュージックへ移籍

2016年 CHERRY.coへ移籍

2018年 大原櫻子事務所(個人事務所)所属

父がギャラについて激怒?

大原櫻子さんの父は大原櫻子さんのギャラ交渉に介入したことがあります。

2021年2月雑誌『フライデー』は大原の父がギャラ交渉に介入したことが原因で事務所移籍を繰り返していたと報道しました。

藤賀事務所での大原櫻子さんのギャラの取り分は2割ほどでした。

2割というのは新人の場合は一般的な金額だと言われています。

大原櫻子さんの父である林田尚親さんは取り分に納得がいかずフジパシフィックミュージックへ移籍させました。

また林田尚親さんはギャラ交渉の時「ナメんじゃねえ!誰のおかげで食えてると思ってんだ!」と大声で怒鳴ったと伝えられています。

マネージャーが何回も変わっていた?

大原櫻子さんがフジパシフィックミュージックに在籍している時に3回以上マネージャーが変わっています。

原因は林田尚親さんであると雑誌『フライデー』は伝えています。

スタッフが仕事でミスをした時「こんな仕事ぶりでこの契約内容とはどういうことだ!」と怒り契約途中でも契約内容を変更させギャラの取り分を増やしたそうです。

これに対しフジパシフィックミュージックは契約の更新時期に条件を変更したことがあったと発言しています。

大原櫻子のメディア露出の少なさは父がらみなのか?

大原櫻子さんのメディア露出が減った原因は父の林田尚親さんだと言われています。

ご法度に触れてしまった?

大原櫻子さんは父が原因で業界のご法度に触れてしまったといわれています。

2018年12月に『週刊女性』では大原櫻子さんのデビュー作『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の続編が企画された時のことを報道しています。

林田尚親さんが介入し「もう胸キュン路線は必要ない」とオファーを断ったそうです。

また2019年1月10日に日本武道館での歌手活動5周年記念コンサートが開催予定でした。

しかし林田尚親さんが法外なギャラを要求したことにより中止となりました。

しかもその時はすでに日本武道館の仮予約をしてあったそうです。

業界では腫れもの扱いで俳優仲間に弱音?

雑誌『FRIDAY』は「当分、うちのドラマで彼女を使うことはないでしょう」と言うテレビ局があることを伝えています。

当時の大原櫻子さんは父がギャラ交渉をすることを俳優仲間に「嫌だな…」と弱音を語っていたそうです。

まとめ

・大原櫻子の家族構成は両親と3歳上の姉の4人家族。

・父は有名なナレーターの林田尚親。

・大原櫻子は3回事務所を移籍している。

・事務所移籍の原因は父のギャラ交渉。

歌の才能も女優としての演技力もある大原櫻子さん。

個人事務所では様々なしがらみを乗り越えて更なるご活躍を応援しています!

関連記事