タレント

富田望生の母親はホテル勤務?父親は不慮の事故でなくなっていた!

映画「私がモテてどうすんだ」やお昼の情報番組「ヒルナンデス」のレギュラーメンバーなどでに出演している富田望生さん。

コミカルな演技が上手くて、話題の映画やドラマに引っ張りだこですよね!

ここでは富田望生さんの

富田望生は母子家庭?

富田望生の父親は生まれる前に亡くなっていた?

富田望生の生い立ちが壮絶?

などについて注目してみました!

ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

富田望生のサクッとプロフィール

富田 望生 (とみた みう)

生年月日  2000年2月25日

出身    福島県いわき市

身長    152㎝

所属    ジャパン・ミュージックエンターテインメント

富田望生さんはカメラ女子で、富田望生さんのインスタグラムがきっかけで雑誌編集者の目に留まり、フォトグラファーとして雑誌「アップトゥボーイ」の連載を担当しています。

富田望生さんがゲストに撮影依頼をしたり、搭載写真なども選択しているんだとか!

スタジオで照明を使った撮影をしてみたり、撮ったものでグッズを作ってみたいんだそうです。

 

 

富田望生は母子家庭?

富田望生さんは生まれる少し前から片親で、現在まで母子家庭で過ごしてきました。

父親のことについては、あとで少し詳しく見てみようと思います!

まずは母親について見てみましょう。

 

 

母親の職業はホテルのマネージャー?

富田望生さんを女手一つで育ててきた母親は、ホテル関係の仕事に就いているんだそうです。

詳しくはわかりませんでしたが、ビジネスホテルのマネージャーや支配人なのではないかという噂がありました。

職業柄的に、とても忙しく仕事に育児にと過ごしてきたんだそうです!

 

 

母親の働いていたホテルはどこ?

富田望生さんの出身地である福岡にあるホテルに勤めていたんだそうです。

富田望生さんが中学生になる前には、母親が勤めていたホテルの系列している東京のホテルへと移動することになり、母親と富田望生さんは東京へ上京してきていました。

 

母親とのエピソード!

富田望生さんの母親はとにかく激務で、家に居た時間は少なかったんだそうです。

どんなに忙しくても、一緒にご飯を食べることが出来なくても、母親は必ずご飯を作ってくれていたんだそうです。

「好き嫌いせずに食べなさい」とは言わず「この美味しさがわかる時がくるよ」と言って、見守り、待つタイプだったんだとか!

ついつい、子供の好き嫌いには口うるさく言ってしまったり、どうにか克服できないかと考えてしまいがちですが、本人のペースを見守るように富田望生さんに寄り添っていたんですね。

 

 

富田望生の父親は生まれる前に亡くなっていた?

父親について少し見てみましょう。

実は父親は、富田望生さんが生まれる5か月前に不慮の事故で亡くなっているんだそうです。

富田望生さんが生まれてしばらくの間、寝かしつけながら母親は泣いてしまうことが多くあったのだとか。

 

 

父親の死因とは?

父親の死因については詳しくはわかっていません。

不慮の事故とは公表されているので、ファンの間では様々な憶測がされていました。

https://twitter.com/roi_1/status/1216571853990350849?s=20&t=rynwLfMcHPNprH1RH-roXg

 

両親の恋愛がドラマ化?

富田望生さんの両親の交際が始まるまでの物語がドラマ化されていました!

2020年の9月24日に放送されていて「両親ラブストーリー~オヤコィ」という番組でした。

スタジオで視聴していた富田望生さんは「父と母のような両親にいつかなれたら」とコメントしていました。

 

 

富田望生の生い立ちが壮絶?

富田望生さんの芸能界に飛び込むまでの生い立ちが壮絶だったと、ファンの間で話題になっていました。

普段はとても明るくて、笑顔が魅力的な富田望生さんですが、どんな出来事があったのか見てみましょう!

 

 

出身小学校・中学校は?

福島県の「いわき市立郷ヶ丘小学校」に通っていたのではないかと言われています。

中学、高校は東京に上京していたので、東京都内の学校だったのではないでしょうか。

 

 

東日本大震災の被災者だった!

小さいころからピアノを習っていた富田望生さんは、将来はピアノの教師を目指して練習をしてきていましたが、2011年の東日本大震災に遭遇してしまいました。

母親が勤めていたホテルが、福島第一原発から35キロにあったため、自主避難を余儀なくされ母親の仕事の都合で東京に上京していました。

 

 

上京後の心身バランスは?

東京行きの途中で母親に、福島から離れたくない!と困らせてしまったのだそうです。

東京に上京してからは、新しい学校に馴染めず富田望生さんの私生活が荒れていき、学校に反抗的になったりスカートを短くしていたそうです。

ピアノの教師になりたくて、東京に来てからも続けていたピアノも福島で習っていた大好きな先生が恋しく、新しい他の先生では嫌ですぐにピアノを辞めてしまったのだとか。

ところが、地元福岡の友達が諦めずに頑張っていることを知って、富田望生さんも好きなことに打ち込もうと思えるようになったんだそうです。

 

 

大学は出ている?

富田望生さんは高校卒業後、女優業に専念するため大学へは進学しなかったようです。

芸能活動が忙しく、両立は難しいと考えたのかもしれませんね。

 

 

昔は痩せていた?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@tomitamiuがシェアした投稿

今ではぽっちゃりな体型のイメージが強い富田望生さんデスが、実は元々は痩せていました。

映画「ソロモンの偽証」の監督から「ちょっと太ってみようか」という流れになり、役作りのために2か月で15キロ太ったのがきっかけでした。

https://twitter.com/realsound_m/status/1274673423705272322?s=20&t=TBAd66hgfpn5sZOUGaEtXg

富田望生さんは現在でも、役柄に合わせて太ったり痩せたりと体型作りをするんだそうです。

短期間で痩せたり太ったり、プロ意識がとても高いことが伝わりますね!

 

 

まとめ

富田望生さんは母子家庭だった。

父親は富田望生さんが生まれる前に事故で亡くなっていた。

東日本大震災によって私生活が荒れた頃があった。

などについてわかりました!

これからも富田望生さんの魅力的な笑顔で、元気を貰えることに期待しています。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

関連記事