俳優

窪塚愛流の親権はなぜ父親の窪塚洋介?兄弟や生い立ち、世間の声も調査!

窪塚愛流の親権はなぜ父親の窪塚洋介?兄弟や生い立ち、世間の声も調査!

2018年『泣き虫しょったんの奇跡』に映画デビューし次々とドラマやCMで活躍中の窪塚洋介さんの息子窪塚愛流さん。

窪塚愛流くんの家族は父親をはじめ芸能一家です。

そんな窪塚愛流さんの家庭環境はどんなものなのでしょうか。

 

今回は窪塚愛流さんの家族について調べてみました。

今回の記事について

・窪塚愛流の母親とは?

・窪塚愛流の親権は?

・窪塚愛流の家族仲について

・芸能界のデビューについて

併せて窪塚愛流さんのプロフィールもご紹介。

 窪塚愛流のサクッとプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

窪塚 愛流(@airu_kubozuka)がシェアした投稿

名前:窪塚 愛流(くぼづか あいる)

生年月日:2003年10月3日

出身地:神奈川県

血液型:O型

身長:182cm

窪塚愛流の親権について

窪塚愛流の親権はなぜ父親の窪塚洋介?兄弟や生い立ち、世間の声も調査!

窪塚愛流くんの父親でもある窪塚洋介さんは離婚をし再婚していらっしゃいます。

つまり窪塚愛流さんは2人の母親を持っていることになります。

そして親権は父親の窪塚洋介さんが所持しているそうです。

母親は誰?

窪塚洋介さんは2003年-2012年まで元ダンサーで今は一般人の徳子さんことのんちゃんと結婚。

2015年-現在までレゲエダンサーでもありモデルの菅原優香さんと結婚していらっしゃいます。

窪塚愛流さんは現在18歳なので前妻ののんちゃんが産みの母親で間違いないでしょう。

また、のんちゃんが窪塚愛流さんの養育権を所持しています。

親権と養育権は違う

窪塚洋介さんが持っている親権とは、子ども名義の財産を管理したり法定代理人となるもの。

のんちゃんが持っている養育権とは、俗にいう監護権といい、子どもの世話や教育、躾、身分の代理人となるもの。

一般的には子どもと暮らす片親が両権利を持って離婚しますが、窪塚家では別々に権利を持ちました。

 

窪塚洋介さんはとあるインタビューでこう答えていました。

息子の愛流が気兼ねなく成長していけるようにすること。母親と父親の間をあっけらかんと行き来して生きていけるようにすること。それが、離婚を選んだ僕の償い、責任の取り方でもありました。

出典元:世代がつながる東京すくすく

前妻の家とも近いところで暮らしてもいます。

親の都合で離婚しても子どもからしたら親は一人しかいません。

母親と父親の間をあっけらかんと行き来できる環境を作り、親の都合で離婚したことを子どもの負担にさせないような配慮は素晴らしいですよね。

 

窪塚愛流さんのことを考えた結果別々にしたのでしょう。

窪塚愛流の生い立ちや兄弟

窪塚愛流の親権はなぜ父親の窪塚洋介?兄弟や生い立ち、世間の声も調査!

窪塚愛流さんは小学校4年生の時に両親が離婚

中学1年生の時に窪塚洋介さんが再婚し新しい母親が出来ます。

そして2017年に腹違いの兄妹もできました。

愛流という名前の由来

愛流(あいる)と言う名前は今は特に珍しいとも思いませんが、2003年の頃はキラキラネームと呼ばれていてもおかしくない珍しい名前でしたよね。

愛流と言う名前は英語のI’ll(アイル)からきているとのこと。

I’llは英語で未来形を指し「私は~します」と言う自分の意志が強く反映された意味で使われます。

 

『自分の未来を自らの意志で切り開いてほしい』

という未来に希望を託しての由来なのではないでしょうか。

兄弟は?

窪塚愛流の親権はなぜ父親の窪塚洋介?兄弟や生い立ち、世間の声も調査!窪塚愛流さんには2017年に生まれた14歳差の妹『あまとちゃん』がいます

2017年生まれの妹さんなので窪塚愛流さんとは異母兄妹になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

YOSUKE KUBOZUKA(@yosuke_kubozuka)がシェアした投稿


優しい眼差しで妹さんを見つめていますね。

家族でディズニーランドに行ったときにはおんぶしてあげたりと可愛がって面倒見ているみたいです。

現在は母親が二人?

基本離婚した前妻とはあまり関わらないものですが、窪塚家では毎年前妻を含め誕生日や行事を一緒にお祝いしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

YOSUKE KUBOZUKA(@yosuke_kubozuka)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

YOSUKE KUBOZUKA(@yosuke_kubozuka)がシェアした投稿

珍しい光景ですよね。

小学校4年生で母親を失い、中学1年生という多感な時期に新しい母親が出来て戸惑うことが多かったと予想されますが、それを乗り越えてきたのかもしれません。

 

また窪塚愛流さんからしてみたら、本当の母親だから言えること、いまの母親だから言えること、それぞれに打ち明けられる思いを伝えているのではないでしょうか。

身近に2人の母親がいるのはいい環境と言えるかもしれません。

窪塚愛流のデビューについて

窪塚愛流の親権はなぜ父親の窪塚洋介?兄弟や生い立ち、世間の声も調査!

窪塚愛流さんが小学生の時、父親窪塚洋介さんと知り合いだった豊田利晃監督が窪塚愛流さんを『カンの良さそうな子』と思いオーディションに誘ったそうです。

そして見事2018年『泣き虫しょったんの奇跡』でデビューしました。

父親から刺激を受けた?

豊田利晃監督の目に留まって芸能界デビューをした窪塚愛流さんですが、やはり父親の刺激も多いよう。

小さい頃から舞台や撮影現場に連れて行ってもらっていたみたいで、小学生の頃には芸能界の道も考えていたとか。

 

豊田利晃監督の目に留まったのも父親が撮影現場に連れて行ってくれていたのもきっかけとのことなので、小さい頃から父親の背中をみて育っていた窪塚愛流さんは自ずと芸能界に興味をもったのかもしれませんね。

世間の声は?

窪塚愛流の親権はなぜ父親の窪塚洋介?兄弟や生い立ち、世間の声も調査!

父親は俳優窪塚洋介さん、叔父は俳優窪塚俊介さんとシンガーRUEEDさんを持つ芸能一家に生まれた窪塚愛流さんは世間から見たらどう見えているのでしょうか。

2世というプレッシャーを押しのけ、父親に引けを取らないカリスマ性で魅了しているようです。

まとめ

・窪塚愛流さんの母親は窪塚洋介の前妻『のんちゃん』

 

・親権は父親の窪塚洋介さん、養育権は母親のんちゃん

 

・産みの母親ぐるみで窪塚家は仲が良い

 

・父親の影響もありつつ、映画監督の目に留まり映画デビュー

まだ18歳で若い窪塚愛流さん。

父親のカリスマ性を受け継いでること間違いなしなので今後の活躍にも期待大です!

関連記事