タレント

芦田愛菜の家族や祖父について調べてみた!教育熱心な両親って本当?

医学部に内定したのではないかと、大学への進学などについて報道があり、注目が集まっている芦田愛菜さん

将来は病理医になりたいと公言していた芦田愛菜さんですが、両親の教育法や親戚などにも注目されました。

SNSなどでは、芦田愛菜さんの両親や祖父がすごい人だった!などと、話題になっていましたが、どういう両親や祖父なのでしょうか?

 

今回は芦田愛菜さんの

芦田愛菜の家族について

芦田愛菜の祖父について

芦田愛菜の両親の教育について

などについて注目してみました!

ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

芦田愛菜の勉強法はとてもストイックだった!睡眠時間は4時間ってほんと? フジテレビ系ドラマ『マルモのおきて』に出演し、ゴールデン帯の連続ドラマ史上最年少での主演になり、天才子役・鈴木福さんと共に社会現...

芦田愛菜の家族について

芦田愛菜さんの芸能活動を支えている家族は、どんな家族なのでしょうか?

勉強法や演技力に注目が集まりやすい芦田愛菜さんですが、家族について注目してみましょう!

 

 

家族構成は?

芦田愛菜さんの家族構成は、お父さん、お母さんの3人家族です。

お母さんが3歳の芦田愛菜さんに「オーディションを受けてみない?」と勧めたのがきっかけで、芸能界入りをしています。

多くの作品で芦田愛菜さんの演技を見れるのは、お母さんの一言が無ければ叶わなかったのかもしれませんね!

 

 

お父さんはエリート銀行員?

芦田愛菜さんのお父さんは芦田博文さんという方です。

芦田博文さんは早稲田大学商学部を卒業後、三井住友銀行に勤務しています。

2010年には同期の中で最初に支店長になり、将来は有望な役員候補と噂されていたエリートなのだそう!

その後、5つの支店で支店長を務めるなど順調に実績を積んでいき、2021年4月からは三井住友銀行本店のリテール業務推進部 部長に就任しています。

 

 

お母さんは専業主婦兼マネージャー?

芦田愛菜さんのお母さんは、芸能活動をする芦田愛菜さんをサポートするために、専業主婦兼マネージャーなのではないかと噂されています。

芦田愛菜さんは「とても礼儀正しくて、気配りができる方」と、お母さんについて話していたことがありました。

日本郵便2021年度手紙新コミュニケーション発表会に芦田愛菜さんが出席した時には「母は唯一絶対に私の味方。いつも応援してくれてありがとうとか、目の前にして言えない言葉も手紙なら伝えられるかな」と照れながらコメントしていました。

 

 

芦田愛菜の祖父について

芦田愛菜さんの家族について調べていると、祖父もエリートですごい!という噂がありました。

祖父について調べてみると、京都大学教育学部を卒業していて、高校と大学では陸上選手だったのだそうです。

高校時代では、全国大会のリレー決勝に進出し、大学時代では走り幅跳びで優勝という記録を持っていました。

祖父の職業について詳しく見てみましょう!

 

 

祖父は銀行の会長?

芦田愛菜さんの祖父は芦田昭充さんという方です。

芦田昭充さんは、海運の中でも就職がとても難しいと言われている商船三井に営業として勤務しています。

その後芦田昭充さんは、44歳の時に日本船主協会の秘書を命じられ、会社経営に取り組むようになり、会長まで上り詰めていきました

2004年に代表取締役社長に就任

2010年~2014年に代表取締役会長に就任

現在は相談役

と、祖父もエリート経歴を持っていました。

 

 

祖父母の家は丹波市?

芦田愛菜さんの出身は兵庫県西宮市ですが、祖父母の実家は兵庫県の丹波市ではないかと噂されています。

SNSなどでは地元の方のつぶやきなども多く信ぴょう性が高いとファンの間で言われています。

芦田愛菜さんの祖父母について調べていると、YouTubeで気になる動画投稿がありました。

芦田愛菜ちゃんのおじいちゃんの仕出し店 丹波市南町」という投稿で、店内には芦田愛菜さんのサイン色紙やポスターが飾られていたため、ファンの間では祖父が関係しているのでは?と噂になりましたが、真相はわかりませんでした。

 

 

芦田愛菜の両親の教育について

趣味が読書で、自称活字中毒と明かす芦田愛菜さん

大学の進路についての報道が話題になっていて、両親の教育について注目が集まっていました。

芦田愛菜さんの両親はどんな教育をしてきたのでしょう?

 

 

両親の読み聞かせが面白かった?

芦田愛菜さんの両親は、自然に読書が好きになれるように、図書館から本を借りてきて読み聞かせをしていました。

おうちでは誰が本を読んでくれるのかというインタビューでの質問に芦田愛菜さんは「お父さんお母さん。でもお父さんが読んでくれることが多いかな。歌にして読んだり、絵本を逆さまに持って読んでくれたりしていて、すっごく楽しいんですよ!」と話していました。

本って面白い!と、子供に興味を持ってほしくても、読み聞かせって毎日となると本当に大変なんですよね…。

私も、もっと子供との時間で読み聞かせに力を入れていれば…。なんて反省してしましました。

 

 

お料理教室に通わせていた?

芦田愛菜さんは、2歳ごろからキッズキッチンに通っていて、きゅうりのぬか漬けを漬けたりしたのだそうです。

徹子の部屋に芦田愛菜さんが出演した時には、キッズキッチンで身に着けた豆腐の手の上切りやイワシの手開きの説明をしていました。

7歳の時にセブン アンドアイ ホールディングスのイベントに出演した芦田愛菜さん。

普段からお皿洗いや、レタスをちぎったりなどのお手伝いをしていることや「帰ったらお父さんとカレーを作る予定です」と、明かしていました。

日常的に家族で料理をしていることが、コメントから伝わりますね!

小さいころから料理の手伝いをお願いすると、危なっかしくてついつい避けがちでしたが、お皿の用意や、お片付けから始めるといいかもしれませんね。

 

 

高畑淳子が母親を絶賛していた?

2010年4月14日から放送されたドラマ「Mother」で共演した高畑淳子さん。

芦田愛菜さんと出演したバラエティー番組「ぴったんこカンカン」で、芦田愛菜さんのお母さんについて話していました。

「お母さんは撮影中、スタジオの奥で目立たないように奥でひっそり見守っていて、休憩や食事の時間だけ出てきてエプロンをつけたりお世話をし、終わればまた裏で撮影が終わるまでの時間、ずっと待機していた。」と明かしていました。

あくまでも裏方に徹していたと、高畑淳子さんは芦田愛菜さんのお母さんを絶賛していました。

 

 

まとめ

今回は芦田愛菜さんの

3人家族で、オーディションを進めたのはお母さん。

祖父の芦田昭充さんは、就職が難しいと言われている商船三井の営業として就職後、会長などを務めていたエリート。

両親は絵本の読み聞かせの工夫をしていて、芦田愛菜さんが読書好きになるように環境を整えていた。

などのことがわかりました!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

芦田愛菜の勉強法はとてもストイックだった!睡眠時間は4時間ってほんと? フジテレビ系ドラマ『マルモのおきて』に出演し、ゴールデン帯の連続ドラマ史上最年少での主演になり、天才子役・鈴木福さんと共に社会現...
関連記事